MIT Beaver Works協賛プログラム
“GLOBAL TECH”受講生に学びを聞いた。

テクノロジー分野で国際的な評価を受けるマサチューセッツ工科大(MIT)。同校が毎夏、全米の高校生を対象に開催する最新テクノロジー領域のサマースクール「Beaver Works Summer Institute」の協賛を受け、ICHINOYAは2019年に国内でプログラムの提供を開始しました。 

GLOBAL TECHはMITと共通の教材(全編英語)を使用し、小型自動運転車の開発を通して自動車やセンサーの原理、Python言語によるプログラミング、AIによる画像処理など、最新テクノロジーを体験的に学ぶことができるプログラム。無料のオンラインコース後に有料のサマーコースへ進み、実際にMITキャンパスで学ぶことも可能です。 

GLOBAL TECHは、これまでに約150名の中高生が受講。その一期生である田名部智也さんが、この春、東京大学理科一類に合格しました。  

「プログラミングは、人間と機械を結びつけるコミュニケーションツール。テクノロジーの中で、どれだけ欠かせないものか実感できた」と話す田名部さんに、受講による学びを聞きました。 

協賛:一般社団法人アローズインスティテュート
運営:ICHINOYA LLC

協賛:一般社団法人アローズインスティテュート
運営:ICHINOYA LLC